「 東京 」一覧

立川市のローソン

 

何気なく利用しているコンビニは食べ物探しに利用しています。

 

何気なく用もないので立ち寄ってつい思わず買ってしまった、という事もよくあります。
私が普段、利用しているコンビニそれは立川市錦町にあるローソンです。
場所は立川駅を南口方面をでるとあるコンビニでお店名は立川ウインズ通店です。
目印になるものはグランデュオの隣のセガというゲームセンターでそのゲームセンターの先を15メートルぐらい歩いたらすぐの場所にあります。
交通手段は自宅からだと主に徒歩で行きます。
駅方面に歩いて行くと通り沿いに、そのローソンがあるので自宅からはおよそ10分ちょいぐらいで到着します。
そのコンビニを利用したり立ち寄る時は、まず家に夕飯がないな、と思った時です。
また帰りが早くて時間つぶしに寄ったりする事もあり何か買いたいものあるかな?と物色しに入る事もあります。
コンビニは基本的に入りやすいので特に用もないのにフラフラっと入ってという特に理由がない時もあります。

ローソンには週に3回ぐらいのペースで立ち寄っています。
だいたい仕事帰りか何かの帰りに寄ることの方が多くお腹が空いている時は誘惑に負けて入るというパターンもあります。

買い物はその日によって金額はまちまちですが夕飯メインで買う時もあるので、だいたい一回の買い物で六百円ぐらいは使っています。ついでに、お菓子を買うこともあります。

最近では家で作るのもめんどくさい時は、そこのローソンに帰りに立ち寄ってお弁当などを買います。
また小腹が減った時にもローソンのからあげくんを買ったりして帰り際に食べながら帰る事もあります。
また最近では夏で暑いのでアイスなども買ったり甘いものが好きなのでデザートなども買ったりしています。
だいたい食べ物系が多く新商品などのお菓子も買ったりしています。


都営三田線のコンビニ

 

このコンビニは板橋区の国道17号線の新板橋の交差点を50メートルほど入った所にあります。
都営三田線の出口を出てすぐの所に在るローソンです。
近くには30階建てのタワーマンションが在りとても分かり易い場所にあると思います。
ほぼ毎日行くのですが、平日は仕事の帰りに地下鉄を降りて立ち寄ります。
休日は大体、夕方徒歩で行っています。別のコンビニでも良いのかもしれませんが、ちょっと遠回りしてもそのコンビニへ行ってしまいます。
相性が良いのかも知れませんが、何処に何が置いてあるのかも分かりますし、お目当ての物が必ずあるので間違いないようです、他のローソンへたまに行くのですが欲しい物がない時があり、物凄く損をした気になります。
これだけ通うとお金の方も中々入用で、今は行くのを減らそうかとも思って居る所です。他の人は分かりませんが毎日コンビニへ行く人は多いのでしょうか少ないのでしょうか、大体コンビニへ行くと一回で600円~900円程使います、ちょっと使い過ぎかも知れません.
ただ、今凝っている物があるのです、それはローソン限定の焼き鳥です.
特にお気に入りが鶏ももの塩とタレで、毎日食べずにいられなくなっています。この行きつけのコンビニは必ず置いてあります.
これに350リットルの缶ビール2本とパックの日本酒一パックを買います。
たまにイカリ豆とかブラックガムをたします。先ず店内に入り日本酒、缶ビール、レジでもも塩一本、ほんの1,2分で済みます。
そこで店内を出て、ちょっと脇により鳥もも塩にかぶりつき缶ビールをググッと飲むのですがこれが最高です。
それこそ雨が降っても雪が降っても、もも塩と缶ビール、現在完全にとりこになってしまっています。
又ここのローソンは新鮮で美味しいのです.他のローソンはたまに干からびた物が置いてあり、がっかりする事があります。
マイコンビニ一番です。


足立区立保木間小学校

 

私が通っていたのは、東京都足立区に有ります、「足立区立保木間小学校」です。
私は小学校のすぐ隣の団地に住んでいたので、小学校までは徒歩約10分で、道も見通しの良い1本道でした。特に目印となる建物はなかったのですが、近くには、「保木間公園」」という大きな公園があり、帰り道に良くそこで遊びました。
外で遊ぶのがとにかく大好きで、少年サッカーチームに所属していたこともあり、1番得意な科目は体育でした。運動会の学年選抜のリレーの選手には6年間ずっと選ばれました。体育のほか、音楽、図工といった実技の課目は得意だったのですが、それとは対照的に、教科書を使う課目は本当に苦手でした。特に、算数は本当に苦手で、数式がなかなk覚えられずテストの点数が毎回低くて、その度に「もっと勉強しなさい」とよく親に怒られました。
同級生の男女比は約半々で、ゲームが得意な「名人」と呼ばれる男の子、クラスの盛り上げ役だった話のおもしろい「ヒロくん」という男の子、体が大きくて余った給食をどんどん食べる「ジャイアン」というニックネームの男の子、背の高くて豪快な「ちーちゃん」と呼ばれる女の子と、個性溢れる子がたくさんいました。隣のクラスには子役として劇団に所属している子もいました。その中で私は特に特徴があるわけでもない「至って普通の子」でした。
担任の先生は「古沢先生」という男性の先生で、千葉県出身でJリーグの柏レイソル大好きで、いつも授業の最初に柏レイソルの話をしてから授業を始める先生でした。午前中に1回、午後に1回ある20分休憩の時間では真っ先に校庭へ行き、私たちとドッジボールやサッカーなどをして遊んでくれ、授業中も絵を描いての説明を織り交ぜて教えてくれるようなとても丁寧で情熱のある先生でした。その絵が本当に下手で、先生が絵を描いて説明するとクラス全員で笑ったのが良い思い出です。
そんな小学校で1番楽しかったのは運動会です。運動、特に短距離が得意だった私は個人の徒競走でも1位をとり、学年のリレーの選抜の時には一気に3人を抜いたこともあります。そんな運動が得意な私のために、父母姉、そして時には田舎の長野から叔父や従兄弟が見に来てくれました。運動会の話をしながらお弁当を食べたという当たり前で何気ない日が本当に楽しかったです。
一方本当に嫌だったのは授業参観です。教科書を広げての勉強が苦手だったために、先生から当てられても答えられず、答えても正解することはほとんどなく、その度にみんなに笑われ、恥ずかしい思いをしました。
そんな小学校生活の1番の思い出は6年生の時に行った「日光・宿泊教室」です。みんなで一緒にカレーを作り男女ペアで肝試しに行き、みんなでお風呂に入ったのが初めての体験で、且つ、本当に楽しかったです。寝る前には部屋で定番の「好きな人」の話をしました。私には「なおちゃん」という好きな子がいたのでそのことを話すと「なおちゃんが」のことを好きな子が他にも2人いたのは驚きでした。
中学校は保木間小学校のすぐ隣にあった「足立区立六月中学校」に進学しました。保木間小学校からはほとんどの子がこの中学校に進学したので、小学校から仲の良かった友達に加え、他校から来た新しい友人もでき、楽しい時間を過ぎしていきました。